水無瀬亜きら(みなせ あきら)
T168 / B84(C) - W60 - H89

CLUB'S COMMENT

お写真をご覧頂いた通り美形で長身スリムな女王様。局部快楽責め、アナル開発もお得意でおっとりしていてやさしい性格の亜きら女王様、優しさと厳しさの融合・セクシーボイスの痴女責めを身を持って味わえば、その魅力の虜囚になること、まごうことありません。

GIRL'S COMMENT

初めまして。亜きらと申します。
素敵な時間と世界を共有しましょう。
お乳首のいじらしいお人は好き

PHOTOGRAPH

  • 水無瀬亜きらさん1枚目
  • 水無瀬亜きらさん2枚目
  • 水無瀬亜きらさん3枚目
  • 水無瀬亜きらさん4枚目
  • 水無瀬亜きらさん5枚目
  • 水無瀬亜きらさん6枚目
  • 水無瀬亜きらさん7枚目
PREV GIRL
NEXT GIRL

BLOG

ムラサキの雲のその先を見ようと君は先に走り出して消えた。
自分の胸のなかにある思いを把握できているか。たしかに、この手で掴めるくらいに。強い思いほど、突然、裏っ返る。裏返ったあとでまた強さを保ったままならまだマシで、裏返ったままに萎んでしまう強さゆえの反動もままある。萎んだとて、すべてを受け流せる己の精神力なら...
亜きら - 抒情の部屋 -
2019/06/13 00:00
大事なものまで燃やすところだった。
今日、久しぶりに雷の音を聞いた。とても胸に響く音で心地よかった。十代の病院に入院していた時の話。昼食のあとこっそり敷地を抜け出て、近くの公園で木々を見上げてた。きっと今と同じような季節で、新緑の深い季節だった。雨がすでに降っていたのか、突然の夕立だったの...
亜きら - 抒情の部屋 -
2019/06/11 23:52
殺してしまえばいいとも思ったけれど。
変化して移ろいいったあとまでも、記憶は残る。記憶だけは変わらず在り続ける。そういう事を考えていると、どんどん沈んでいく。床に横たわる身体なら床の方へ下方へ。シーツに仰向く身体ならシーツの底へ。どこまで沈んでも自分の裡でしかない、と気づいて自分の愚かさを呪...
亜きら - 抒情の部屋 -
2019/06/05 11:56
めずらしい生き方でもいいよ、誰にもまねできないような。
今夜も今夜とて草野マサムネに胸焦がしながら言葉をつらつらと。私の文章を好きだと言ってくれる人たちが少しでもいる事が幸い。理解を強要することはしない。絶対に。たまに指摘されるのが、文章から想像する人物像と実際の私には差があるらしい。しかして、私の人物像とは...
亜きら - 抒情の部屋 -
2019/05/31 10:50
森の月夜は更けました。
てんとう虫のサンバが死ぬくらい好きなんだけど、これを聴くと、ひとりぼっちになる前に死ななくっちゃ。と、思わせられる。幸せなうちに。森の教会で鳥や虫たちに祝福されながら、二人っきりで結婚式をあげたとしてその最後に私は突然死するくらいに幸せだろうっと想像しな...
亜きら - 抒情の部屋 -
2019/05/24 12:24

TOP