めい
T153 / B93(E) - W61 - H94

CLUB'S COMMENT

秘密めいた2人の世界でねっとりとゆっくりと優しく アナガズム・ドライオーガズムの世界へ導いていくのが得意なめい女王様です。
ゆったりと流れるいやらしい雰囲気で責め続けられ最高の快楽世界に浸ってみてください。
安心感放つ微笑み、白い肌にグラマーなバストとヒップ 包み込んでくれるような優しい口調がとても心地よくめい女王様の魅力です。
以前に性感店とSM店経歴がありスキルアップを目指して当店に在籍されためい女王様です。
SMクラブ初心者の方でも安心して身を任さられます。

GIRL'S COMMENT

乳首、アナルプレイは以前からとても大好きなプレイなので 私の指でアナガズムイキさせるのがとても楽しみです。
アナガズムやドライオーガズムでイカせる事は勿論ですが、いろいろな性癖をもっとこの目で見てみたい。
全部私にさらけ出して貴方の恥ずかしい顔もみせてほしいなぁ・・
いろいろな性感帯を見つけてあげる。
気持ちよすぎて敏感に感じてしまう全身脳イキ開発していきましょう。

PHOTOGRAPH

  • めいさん1枚目
  • めいさん2枚目
  • めいさん3枚目
  • めいさん4枚目
  • めいさん5枚目
PREV GIRL
NEXT GIRL

BLOG

聖水
「めい様の聖水が飲みたいんですが、めい様は聖水いっぱい出ますか?」「うん。いっぱい出ると思うよ。」「今、少し飲んで、持ち帰りしても大丈夫ですか?」僕は持ってきていた空の緑茶のペットボトルをめい様に差し出した。「ふふふ。わざわざ持ってきたんだね。じゃあ、浣腸して限界まで我慢できたら、持ち帰り分も入れてあげるね。」僕は持ち帰り分も聖水をいただく為に、浣腸をがんばった。いつもより多い量のお湯が腸に入って
smclub FACE MEI Blog
2019/12/08 22:24
ブジー
「尿道に入ってくよ。見るのは怖くない?」「ちょっと怖いけど、大丈夫です……。」「うん。じゃあよーーーく見ててね。」スーーーーっと銀色の棒が、僕の尿道に入っていく。チクチクチクチクするけど、ゆっくり、するする入っていく。「ゆっくり入れていくからね。どんどん入っていくのちゃんと見ててね。」ゆっくり、ゆっくり、どんどん銀色の棒が、僕の尿道へ入っていって見える範囲が短くなっていく。「もうちょっとで膀胱の方か
smclub FACE MEI Blog
2019/12/06 22:56
ペニバン
「そろそろ入れてみようか。指じゃもう満足できなくなってるもんね?」僕はめい様にペニバンをお願いした。アナルを指で触っている間に、奥の方が好きだとわかったみたいだ。「こんな大きいの入るかな?ゆっくり入れるからね。ちゃんと入るように穴を見せて。」「……こうですか?」僕は自分の太ももを掴んで、自分に引き寄せた。「そうそう。ふふふ。もうちょっと上げてみようか。」めい様はそう言ってグッと足を押さえた。「ふふふ
smclub FACE MEI Blog
2019/12/04 23:26
フィスト
「ふふふ。すごいね。もう入っちゃうね。入っちゃうよ。入っちゃうよ。」つるんっと入った私の拳。指2本でも入りにくかったのに、この数十分で拳まで入ってしまった。「………苦しいです。」「ふふふ。苦しいの。久しぶりの苦しさだね。久しぶりって言ってたから少し動かないであげるね。」アナルに拳の感覚を思い出させるように、拳を入れたままじっとしている。「あっ………はぁはぁ…はぁはぁ……」拳を入れたまま、もうひとつの手でお腹
smclub FACE MEI Blog
2019/12/02 20:45
イチジク浣腸
私に浣腸をされにきたお前。イチジク浣腸か、お湯浣腸か、グリセリン浣腸か選ばせてあげると、迷わずイチジク浣腸を選んだ。「イチジクでいいの?浣腸器もあるのに?」びっくりして聞き返すと、「はい。イチジクをいっぱい入れてほしいんです。」お前はイチジク浣腸を見ながら、すごくデレデレとした笑顔で答えた。「イチジク好きなのね。いっぱい入れてあげるから、四つん這いになりなさい。」喜びで尻尾をぶんぶん振る犬のように
smclub FACE MEI Blog
2019/12/01 23:50

TOP