水無瀬亜きら(みなせ あきら)
T168 / B84(C) - W60 - H89

CLUB'S COMMENT

お写真をご覧頂いた通り美形で長身スリムな女王様。局部快楽責め、アナル開発もお得意でおっとりしていてやさしい性格の亜きら女王様、優しさと厳しさの融合・セクシーボイスの痴女責めを身を持って味わえば、その魅力の虜囚になること、まごうことありません。

GIRL'S COMMENT

初めまして。亜きらと申します。
素敵な時間と世界を共有しましょう。
お乳首のいじらしいお人は好き

PHOTOGRAPH

  • 水無瀬亜きらさん1枚目
  • 水無瀬亜きらさん2枚目
  • 水無瀬亜きらさん3枚目
  • 水無瀬亜きらさん4枚目
  • 水無瀬亜きらさん5枚目
  • 水無瀬亜きらさん6枚目
  • 水無瀬亜きらさん7枚目
PREV GIRL
NEXT GIRL

BLOG

身体は心の入り口でしょう
触れたら火傷する。胸の奥でじりじり焦げつくような、熱い感覚。皮膚に触れただけなのに。なんで、どうして、など考えるのも野暮。すべての事に理由をつけたがり、何故そうなったのか納得したいだけで、実際ただ起こってしまった結果だけがそこに存在する場合もある。往々に...
亜きら - 抒情の部屋 -
2020/08/12 01:35
恥辱とは。
はずかし・い はづかしい [4]【恥ずかしい】( 形 ) [文] シク はづか・し①(自分の欠点や失敗、あるいは良心のとがめを意識して)他人に顔向けできない気持ちだ。面目ない。 「ぶざまな負け方をして-・い」 「どこへ出しても-・くない実力」 「社会人とし...
亜きら - 抒情の部屋 -
2020/07/30 18:03
位階剥奪
自分の過去を辿る。自分と対峙する。置き忘れた何かや置き去りにした記憶の一部、直面したくない昔に抱いた感情。色んな思いを綯交ぜに、私は少女時分に暮らした土地へ向かうことを決意した。短い旅である。その土地で生きた十年足らずの時間は私の内部奥底で、いまだ暗い熾...
亜きら - 抒情の部屋 -
2020/07/22 09:58
底の見えない絶望
私は底を愛してる。水底を。しかし、底の見えない絶望、という表現を本の中に見つけたとき小さなショックを覚えた。底にいると自覚できていればそれは心地よい安心とも言える。ただ見上げればそこに世界はあるだけなのだから。今の自分がどこにいるのか、さらに奥深く下へ沈...
亜きら - 抒情の部屋 -
2020/07/20 12:24
音が遠くなる。
皆様、いかがお過ごしですか。私は退廃的な女なので煙草吸いながら掃除をしたり、森を恋しく思いながら水草やカジュマルの木をメンテナンスしたり、猫たちの毛に悩まされながら生きてます。とは言え、確実に、日常を装った変化がそこかしこに潜んでいるのです。日本人は気質...
亜きら - 抒情の部屋 -
2020/07/10 10:09

TOP